メットール!


ロックマンエグゼシリーズ、ロックマン ゼロシリーズと続々
ゲームボーイアドバンのスタイトルが
Wii Uバーチャルコンソールに登場している中

またまた来ましたよーーーー!

今回配信されるのは本家シリーズより!


『ロックマン&フォルテ』です!


ロゴVC_RockForte_rogo_w1033h507


では紹介していきましょう

WiiU_Rockman_and_Forte_01

ロックマンとの戦いに敗れ、基地の爆発に巻き込まれて
行方不明になっていたDr.ワイリーの消息が発見された。

再び世界征服の野望を実現するために新しい城を建造していたのだ。


そのワイリー城が何者かに占拠され、
Dr.ワイリーは自力で城を脱出し、Dr.ライト研究所に保護された。

ワイリー城を占拠した首謀者は、世界征服をたくらむキングと名乗る
ロボットで、博物館からロボットのデータを盗み出し、
みずからの軍団を編成した。


Dr.ワイリーは一時的にライト博士に協力することを約束し、
ロックマンとフォルテは調査に向かったのだが……。




と言う事で『ロックマン&フォルテ』は1998年にスーパーファミコンで発売されました。

実はこの『ロックマン&フォルテ』がカプコンとしても、そして歴史的にも最後に販売された
スーパーファミコン用ソフトであります。

有賀ヒトシ先生によるパッケージイラストが印象に残っている方も多いかもしれませんね。


さて今回バーチャルコンソールに登場したこちらは
2002年にゲームボーイアドバンス用に移植されたものになります。


最大の特徴はプレイヤーキャラクターがロックマンに加え
「ロックマン7」で初登場したフォルテが選択できる
という事!


RFフォルテ
▲ロックマンシリーズでもエグゼシリーズでも人気のフォルテ



ちなみにエックスシリーズに多い切り替え方式ではなく、
スタート時点で完全にどちらのモードかを選ぶ形になります。
途中で変更も出来ないのでご注意を。

(まあ両方遊びますよね)

フォルテは2段ジャンプやダッシュも出来ると言う快適な操作感の上、
ボタンを押しっぱなしで連射が出来る「フォルテバスター」を装備していて、
方向キーで角度を変えられると言うロックマンとはかなり違う特徴を持っています。

フォルテバスターの連射っぷりは気持ちいいです!

WiiU_Rockman_and_Forte_03

これまでロックマンの操作に慣れていると
「ええ!こんなことも出来るの!」と言う感じですね。
(特にバスターの角度が変えられるトコとか)


キャラクターの動きも躍動感があり、なめらかでキレイ!
ロックマン7の時も思いましたが、このドットはホント凄いなあと思いますね。

WiiU_Rockman_and_Forte_05

あとゲーム中にディスク(CD)が落ちており、
集めるとキャラクターの意外なプロフィールが読める
データベースと言うコンテンツがあったりして、
これがまた面白いのでコンプリートしたくなります。



試しに遊んでみた段階では全然集められておりませんが!



ステージ構成はオープニングステージ
(エックスシリーズやロックマン7と同じ)があった後に
ステージセレクトへ移行と言うパターンなのですが、
各ステージへの分岐が逆トーナメント的な構成が特徴的です。


WiiU_Rockman_and_Forte_02
▲「グリーンデビル」いきなりオープニングステージに
登場してビビりまくったです


後半には、クリスタルゲートステージと言う敵が出てこないステージも登場します。


敵が出てこないからと言って簡単なのかな?と思ってしまいますが…そこはご自身でお確かめを


BGMもこれまでのシリーズとはまた
違った雰囲気を持っていて、ロクフォルの曲が一番好き!
と言う方も多く、
CD化を熱望される声も多かったのですが

ついに!先日発売された

ロックマン サウンドBOX 2」に収録されました!

SOUNDBOX2_sample


さらにブックレットには
当時サウンドを担当された


・堀山俊彦さん(逆転裁判5など)
・水田直志さん(FF14など)
・海田明里さん(ロックマンエグゼシリーズなど)


による対談インタビューが掲載されておりますので
ゲームと合わせてお楽しみいただければと(対談インタビューがまた面白いんです)。

本当にいいタイミングですよ!


もう一つ忘れてはいけないのがボスデザイン


ロックマン8から再登場の
「テングマン」「アストロマン」以外の6体を


当時『コミックボンボン』誌上で


有賀ヒトシ 先生
出月こーじ 先生
岩本佳浩 先生


と言う豪華メンバーによるデザインが公開・実装されたという事であります。


有賀ヒトシ先生が担当されたのが

ダイナモマンとバーナーマン



ダイナモマンバーナーマン




出月こーじ先生が
コールドマンとパイレーツマン


コールドマンパイレーツマン





岩本佳浩先生が

グランドマンとマジックマン

グランドマンマジックマン






となっております。
それぞれのデザインに関する思い出や発表当時は名前が違っていたりと、
そのあたりのことはオフィシャルコンプリートワークス「R20+5」に掲載されておりますので、
お持ちの方はご覧いただくとさらに楽しめるのではないでしょうか。


WiiU_Rockman_and_Forte_04
▲有賀先生によると「ダイナモマン」は
最初「コイルマン」という名前だったとか

今ではなかなか手に入らないソフトがこうやって遊べるのは
ありがたいなあと思いますね。


何ともお祭り的!ボンボン世代超直撃の
『ロックマン&フォルテ』は

Wii Uバーチャルコンソールにて本日より配信開始です!

メインビジュアル


お値段も税込702円とお買い得ですのでWii Uをお持ちの方は
キレイな大画面で遊んでいただきたい!


(C)CAPCOM CO., LTD. 1998, 2015 ALL RIGHTS RESERVED.



-オシラセ-


ロックマンユニティーのtwitterはこちらから
@ROCKMAN_UNITY