メットール!


まず始めにお詫びを・・・遅くなってしまい申し訳ありません。


以前もお伝えした
ASIAGRAPH 2011年度 CGアートギャラリー 特別公募部門 ロックマンアワード2011」

第二次応募期間(2011年5月16日(月)~7月15日(金))を控え
応募に関して
アジアグラフCGアートギャラリー代表である

文京学院大学の 喜多見 康 教授

今回のロックマンアワードについてお話を伺ってきましたので
ウッチーの脳みそで理解できた範囲をお伝えします

CIMG2292
▲アジアグラフCGアートギャラリー代表 文京学院大学の 喜多見 康 教授

それではどうぞ!

■「技術と美術」 対極の最大公約数

まずそもそもアジアグラフとは何ぞや?と言うところなんですが

これは元々コンピュータグラフィックス(以下CG)の技術研究学者の学会としての活動がはじまりなのだそうで、

しかしながらCGは学術研究の他にアートの部分、クリエイティブとしての活動が対極にあり

研究(技術)の部分とクリエイティブ(美術)の部分としての結果をいっぺんに見れるようにしたい!

研究者とアーティストは普段中々交流する機会がないわけですが、同じCGと言う世界で日々努力を重ねているお互いを年に一度、一つの場に集まって、今何が「面白い」「カッコイイ」「新しい」のかを発表する、と言うのが趣旨なのだそうです。


まとめると「CGに関する技術・美術の最先端を集めて交流する」と言う事ですね。


教授曰く
「第一目標はCGの研究、技術であったり、クリエイティブであったりの優れたものだけを集める、最大の目標は研究とアートが融合し刺激をし合って、そこから新しい創造が出現する、産業の芽が出てくるということ、さらにそれがアジアから発信される、と言う事を望んでいます。」との事


ヤバイ!早くも2bitを誇る「ウッチー脳」が!
(ロックマンユニティ史上最もマジメな話をしているんでは?大丈夫か自分?と若干不安になりつつ次の話題へ)


■テーマ公募の難しさと可能性

今回テーマ付の公募は初めてなのだそうですが、まず最初に

「テーマ付きの作品募集と言うのは、とても難しいです。」

アジアグラフは単なるコンテストではなく、それぞれ目指すテーマや研究があり日々活動(プロとして活動している人も、合間を縫って作品作りをしている)をしているので、そこでテーマを与えて作品を創れるかと言うと時間的にも中々難しいとの事。


ただし、プロデュースする立場の喜多見教授にはテーマ公募をすることのビジョンはずっとあったそうです。


なぜならアジアのクリエイターは日本のアニメや漫画、ゲームなどの影響を凄く強く受けていてインスパイアされ、製作物に反映している人が多く存在していて

彼らは影響を受けた作品をそのまま下地にする人もいますし、独自の解釈で昇華させて作品に反映する人も多いのだとか。


「いずれにしても日本のコンテンツが与える影響は大きくて
そういった意味で世界中に強い影響力を持つ、物語の下地に出来るコンテンツ(みんなが知っているアニメや漫画などの作品名を具体例に出されてました。例:オッス!オラ○○)を共通項として作品を創ってもらえたら面白いなと言うビジョンはありました。」


ここでいいセリフきますよお~


「その中でも「ロックマン」は世界中に影響力を持つコンテンツの一つだと思っていましたので「これだ!」と思いました。」



はいっ!いただきましたー!ありがとーございます!(マジメな話に耐えられないらしいウッチー)


これがあまり馴染みの無いコンテンツだとしたら創るイメージも沸きにくいですし、見る側としてもどう見たら良いのか分からない。と言うお話や
喜多見教授が学生に今回の事を話すとそれぞれの世代に遊んできたロックマンがすぐイメージとして出てくる、
しかもそれが映画などとは違ってタイトルシリーズで振り分けられたロックマンの話をするのが面白いと仰っていました。

このへんが何度も何度も思う20年以上続くロックマンの凄いところだなあと・・・関係ないけど祝エグゼ10周年!


ちょっと長くなって来たので一旦CM

ロックマンはもちろん
ここでしか買えないカプコングッズもたくさん揃ったオフィシャルショップと言えば・・・!?

イーカプロゴ



そんなワケで後半はいよいよ応募要項について迫ります!
後半は本日(2011年3月24日)の夕方アップ予定!たぶん!

アップしたのでこちらから!